文字サイズ変更

  • 特大

教育について

ラダー教育

当院では、看護師個人として自身が育つために、組織として経験豊かな看護師を育てるためにJNAラダーに沿った、人材育成・能力開発を実践しています。

さらに、JNAラダーの看護実践能力の到達目標達成に向けて、院内独自のアクションプランに自身の計画を盛り込んだ目標管理を実践しています。

日本看護協会(JNA)サイト

ラダー研修の様子

研修

院外研修は、各部門の年間計画と個人目標の設定により、各自が希望する研修だけではなく、上長からの推薦による研修など充実したサポート体制のもと、年間多数の研修を受講しています。

院内研修は、当院の特徴を踏まえて、対象者はラダー相当の看護師だけではなく、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護福祉士等も協働し、講師や受講者として参加しています。

平成30年度院内研修予定

テーマ 講師
4月FIMについて理学療法士
5月摂食・嚥下評価・口腔ケアについて言語聴覚士
6月認知症を有する患者対応について認定看護師
7月CRAP・BIPAPの取り扱い外部講師
8月薬剤関連(インスリン)薬剤師
9月皮膚・排泄ケアについて認定看護師
10月人工呼吸器について外部講師
11月脳血管障害について医師
12月急変時の対応認定看護師
1月心電図モニターについて医師
2月意思決定・代理意思決定に向けた看護支援認定看護師
3月

AED使用による一次救命処置について

外部講師

さらに学会発表については、多職種の協力体制があり、日々の看護事例を成果としてまとめ、それを学会で発表することにより、仕事に対する達成感を体験しています。特に回復期リハビリテーション病棟は、複数の看護師が「日本リハビリテーション学会」に所属し自己研鑽しています。

多職種協働によるNST委員会

看護師・言語聴覚士・栄養士等多職種が協働して、摂食・嚥下認定看護師によるコンサルテーションを行いNST委員会を運営しています。毎週、ミニレクチャー、経過報告、回診、評価を繰り返し、患者さんの回復過程を促進しています。

摂食機能練習は、従来より看護師が実施していました。口腔ケアの技術の熟練や、最近では練習にエビデンス※が伴うことで、より患者さんに安心してケアを提供することができるようになりました。

患者さんやご家族が毎週の回診を楽しみにされていることが、NST委員のやりがいにつながっています。

※エビデンス:臨床結果などの科学的根拠や治療法がよいとされる証拠のこと。

NST委員会 回診の様子