文字サイズ変更

  • 特大

先輩からのメッセージ

看護師として活躍できる
さまざまなフィールドがあります

毎日忙しくても充実しています

日野病院病棟4F北看護課 岩﨑 幸子

私は、2年前ワークライフバランスの充実した日野病院に転職しました。
看護師経験が長くても、やはり当初は不安がありましたが、病棟スタッフの人間関係もよく、比較的早くなじむことができたと思います。

入職して1年後に病院が増築され、新たな地域包括ケア病棟へ配属となりましたが、病棟師長はじめスタッフ全員で新たな病棟運営に取り組み、充実した日々をすごしています。

地域包括ケア病棟は、急性期病院からの転院も多く、疾患も多岐にわたりますが、いろいろ学ぶ機会になっています。

これからますます需要の多い病棟ですが、忙しくてもやりがいがありますので、是非私たちと一緒に働きませんか。

看護師として患者さんの回復力を引き出すことが楽しみです

日野病院病棟4F南看護課 久保 明日香

私は急性期病院を経て、家庭と仕事の両立を目指し日野病院に入職しました。
多様なシフトの中で、その時々に上長と相談しながら選択できるのが魅力です。

4F南病棟は、一般と地域包括ケア病床があり、また緊急入院や転院などもありさまざまな疾患が学べる病棟です。

プライマリー制度により、入院から退院まで患者さんを受け持ち、多職種と連携して退院までサポートしています。その点にやりがいを感じています。

限られた入院生活の中で、いかに患者さんの回復力を引き出すかを楽しみに看護を実践している病棟です。いろいろな経験ができる病棟を是非のぞいてみてはいかがでしょうか。

在宅生活に欠かせないご家族のチームワークをサポートします

日野病院訪問看護課 師長代理 西中 千香子

訪問看護の仕事は、ご利用者の方々が安心して在宅で暮らせるように支援することです。

病院や施設から退院して在宅を望まれる方やご家族に対して、医師や介護支援専門員、薬剤師やセラピスト等、在宅の生活環境を整える多職種と相談しながら方向性を決定していきます。

ご家族の悩みや迷いを受け止め、背中を押してあげたり、ご家族のチームワークの力を支援する重要な役割もありますが、喜びも多い仕事です。

当院は、新人看護師用のプログラムも充実していますので、興味のある方は訪問看護の仕事にチャレンジしてみませんか。

スタッフの人間関係がよく、チームで地域の皆さんを支えています

日野クリニック外来看護課 川村 美紀

入職当初は、不安と緊張で必死でしたが、サポートを受け、徐々に業務の流れを覚え、毎日楽しく勤務しています。

日野クリニックは、健康診断から、内科、皮膚科、形成外科、整形外科と幅広い診療科の専門的な勉強や、研修会に参加できることが魅力です。

スタッフの人間関係がよく、チームで地域の皆さんに信頼される医療を心がけています。

今後は幅広い専門知識と技術を身に着け、より良いコミュニケーションを取りながら、個々の患者さんの療養生活をサポートできる看護師を目指します。

知識を深め、患者さんにより良い医療を

日野クリニック血液浄化室 石井 弓月

私は、総合病院の消化器外科を経て、現在日野クリニックの血液浄化室で勤務しています。透析への興味があり、見学の際スタッフが笑顔で仕事をしている姿を見て、ここで働きたいと思いました。入職してみると、見学の時と変わらずどのスタッフもとても優しく、基礎から丁寧に教えていただき、人間関係も良く日々楽しく勤務しています。明るく笑いの絶えない職場でとても充実しています。

今後は透析に関する知識を深め、患者さんに安心してより良い透析治療を受けていただけるよう心がけていきたいです。

当クリニックは勉強会も多く、毎日楽しく働きやすい職場です。

仕事も子育ても楽しみましょう!

ソルヴィラージュ看護・介護課 師長代理 冨田 良枝

以前は、急性期病院で夜勤をしながら勤務していましたが、今までの経験を生かし新しい分野に挑戦してみたいと思い老健を選びました。
初めは病院との違いから不安もあり、パートから始め、現在は常勤で頑張っています。

看護師・介護士など職種にとらわれず、ご利用者・ご家族の目線に立ち必要とされる援助は何かを一緒に考え、安心し穏やかなに施設生活を送って頂けるよう、日々ケアやサービス向上に努めています。
また、院内研修や院外研修の支援もあるため、ブランクのある方も安心してスキルアップができます。

周りのスタッフに支えられ、仕事と家庭が両立できています

ソルヴィラージュ看護・介護課 白濱 光代

私は、日野病院の回復期リハビリテーション病棟勤務から育児休暇明けにソルヴィラージュへ配属となり、2年が経ちました。最初のころは病棟経験しかなく、施設での看護に戸惑いもありましたが、周りのスタッフに助けられ、今でも勉強の毎日です。そして、ご利用者やそのご家族の気持ちに寄り添える看護がでできるよう、日々頑張っています。頌徳会には子育て中のスタッフが多く、私もその一人です。子どもが急病の時も、理解のある上長とスタッフのおかげで、これまで仕事と育児の両立ができていることに感謝しています。

現在頌徳会には4名の男性看護師が活躍しています。

看護師としてのさまざまな経験が、自分自身を向上させています

日野病院病棟3F北看護課 湯川 晶弘

私は、リハの充実した日野病院でステップアップをしたいと入職しました。

リハの取り組みを日々の看護に取り入れることで、患者さんのめざましい回復を目のあたりにすることが多々あり、日々感動しています。

昨年は、看取りを経験しました。患者さんに誠意を持って対応させていただくことで、ご家族から「この病院に入院できて良かったです」という言葉をいただいた時は「また頑張ろう」という気持ちになりました。

現在、男性看護師は少ないですが、他の男性看護師や介護福祉士たちと話をするのが楽しみです。

是非、私たちと一緒に看護の体験を積み重ねていきましょう。