文字サイズ変更

  • 特大

日野病院
リハスタッフ採用情報

医師、看護師、リハスタッフ、介護スタッフ等が一体となって働ける環境、風通しの良さ が当院の強みです。

医療に関わる多職種のスタッフがチームを形成し、患者さんの治療にあたっています。また、他事業所のケアマネージャーも含め家族カンファレンスを行うなど、グループ内外で専門家同士が意見を交わしあいながら、患者さんのサポートを行っています。

読みたい内容をお選びください。

職場概要

日野病院リハビリテーション室

【病床区分】

回復期リハビリテーション病棟:109床
急性期一般病床:15床、地域包括ケア病床:75床

日野病院のリハビリテーション

【リハビリテーション室職員数】

常勤  97名(PT:61名、OT :21名、ST :15名)

非常勤 0名

リハビリテーション室職員数 20代 44名 30代 36名 40代 2名 50代 1名

【リハスタッフ出身校】

京都大学・大阪府立大学・畿央大学・大阪保健医療大学・清恵会第二医療専門学院・藍野大学・白鳳女子短期大学・兵庫医療大学・神戸医療福祉専門学校・森ノ宮医療大学等

行動指針

「継続は力なり」365日、
休みなくリハビリテーションを
行っています。

回復期リハビリテーション病棟からの退院先

退院先内訳 在宅 87.7% 老健(施設扱い) 6.7% 療養病院への転院 5.6% 在宅復帰率87.7%

回復期リハビリテーション病棟での疾患内訳

疾患内訳 脳血管疾患 50.0% 運動器疾患 50.0%

室長挨拶

当院は、急性期治療を終えられた方に対して、早期の在宅復帰、社会復帰を援助する、リハビリテーション機能を充実させた病院です。

脳血管障害による重度の後遺症がある方や、人工透析治療を行っている方も積極的にリハビリテーションを行っています。退院後も外来リハによるフォローだけではなく、通所リハや訪問リハといった支援体制も用意し、在宅支援を後押ししています。

「回復期のリハビリテーションを経験したい」「お一人おひとりの患者さんとじっくり向き合って支援していきたい」という方や、「介護保険サービスでのリハビリテーションも経験していきたい」「回復期~生活期まで切れ目なく支援できるセラピストになりたい」といった方は、患者さん・ご利用者の方々のために、ぜひ当院で一緒に働きましょう。


リハビリテーション室 室長  佐野 和久

リハビリテーション室のこだわり

  • 回復期リハビリテーション病棟では、疾患や必要に応じて最大3時間(9単位)のリハビリテーションを提供します。
    一般、地域包括ケア病棟でも必要に応じたリハビリテーションを提供します。
  • 患者さんの個々の生活を観察した上で、個性を尊重したリハプログラムを作成します。
  • 入院2週間以内に主治医、看護師、相談員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等でカンファレンス(SC) を行い、
    予定入院期間や退院目標を決定します。
  • 個々のレベルに応じたリハプログラムに則り、退院後のリハフォローとして外来リハだけではなく、訪問リハや通所リハなど
    介護保健サービスも提供しており、また、必要に応じて主治医やケアマネージャーと連携し、積極的に支援しています。

福利厚生

頌徳会グループでは、「24時間保育園」「職員寮(独身者用)」等、働く職員が「心身の健康」「将来への安心」「充実した余暇利用」を実現できるよう、さまざまな福利厚生制度を用意しています。

福利厚生制度はこちら

新卒者研修プログラム
  • 法人新人研修
  • 外来・通所リハ研修
  • リスク管理教育
  • 危険予知トレーニング
  • 介助指導
  • 訪問リハ見学
  • 通所リハ(フィットネス)見学
  • 老健リハ見学

<その他>

  • 介護保険制度について
  • 症例発表
  • 各種業務テスト
中途採用者研修プログラム

経験年数や臨床経験の内容に合わせて実施。
経験年数が浅い場合や、外来でのリハビリテーションが初めての場合、新卒入職者と同じ内容で研修を実施。

勉強会~テーマ例~
  • 回復期リハ病棟からの退院先について
  • 介護保険制度について
  • クリニカルパス、回復期パスについて
  • 移乗動作技術について
  • 症例検討会
  • リスクマネジメント
  • 住宅改修

その他の研修及び表彰制度等の詳細はこちら

一日の流れ(例)

8:00 出勤 8:25 朝礼 患者さんの申し送りなど情報共有の場 8:40 リハスタート 12:00 昼休み 13:00 リハスタート 16:20 カルテ記入、資料作成 17:15 業務終了

採用エントリーはこちら

リハスタッフの募集要項一覧へ

先輩からのメッセージ

寺西 彩香(理学療法士)入職5年目

私は現在、入院担当として勤務しています。当院は、医師や看護師等との連携が取りやすい環境にあり、患者さんの退院までのことはもちろん、退院後の生活状況の情報交換や相談も密に行え、スムーズにリハを提供できていると感じています。またスタッフ数は多いですが、チーム制による班別編成を行い、チーム内で相談しやすく、提供するリハの質の向上にも繋がっていると感じています。他にも、院外勉強会へ積極的に参加したり、充実した院内勉強会を開催したりと、スキル向上に努めています。志高いスタッフと一緒に働くことで自身のモチベーションにも繋がっています。

障害を負った後も患者さんやご家族に笑顔で楽しい生活を送っていただけるよう、スキルの向上を怠らずに理学療法士としてチーム連携を図り、全力でサポートすることを心がけて、日々の業務に取り組んでいます。

村田 龍也(言語聴覚士)入職4年目

入職して4年目になりますが、地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・訪問リハとさまざまな領域を経験させていただきました。経験豊富な先輩方から指導いただき、臨床に出てからも多くの事を学べる環境だと思います。患者さんから学ぶことも多く、患者さんとコミュニケーションを図ることで、私自身のモチベーションアップに繋がっています。摂食・嚥下について勉強したいと相談させていただいたところ、研修や学会への参加など多くの機会を与えていただき、ストレスなく仕事ができる環境が整っていると思います。

井川 亜有里(作業療法士)入職1年目

私は、当院に見学に来た際、スタッフも患者さんも笑顔でリハに取り組まれている様子を見て、明るい雰囲気に魅力を感じ、ここで働きたいと強く思いました。知識・技術面など分からないことはまだまだたくさんありますが、気さくに声をかけてくださる先輩が多く、親身に相談にのっていただいています。スタッフ同士の雰囲気も良く、とても働きやすい環境だと感じています。患者さんから笑顔で「ありがとう」と言っていただけることが、仕事の大きな原動力になっています。これからも患者さんの気持ちに寄り添えるセラピストを目指して、日々頑張っていきたいと思います。

馬田 慎也(訪問リハ 理学療法士)
入職1年目(中途採用 経験11年)

頌徳会グループは新卒者だけではなく、中途採用者に対しての入職時研修も充実しており、実務を行う際に大変役に立っています。研修は、組織の理念や方針・行動基準などを学べるため、日々の業務の背景をスムーズに理解できました。また、多職種合同で実施しているので、他部署のスタッフとも知り合える機会となり、スムーズに人間関係を作ることができました。今ではリハスタッフ以外の方々とも分け隔てなく、笑顔で挨拶ができています。リハスタッフは人数が多く、経験もさまざまです。私のように中途採用で入職された先輩も多く、とても温かく迎え入れていただけたことに感謝しています。

採用エントリーはこちら

リハスタッフの募集要項一覧へ