在宅医療について

在宅医療について

通院することが困難な方には、医療スタッフがご自宅を訪問します。医師が行う訪問診療、薬剤師が行う訪問服薬指導、看護師が行う訪問看護、リハスタッフが行う訪問リハがあり、 総合的に在宅の患者さんを支えています。

頌徳会グループ 訪問ネットワーク
  • 在宅サービスについて

地域連携室について

地域連携室の役割

地域連携室の役割

近年医療サービスは多様化しています。この上に介護サービスも加わって、患者さん(サービスを利用される方)にとって何が最適化を考えることが重要になりました。そのとき、各サービスを切れ目なく提供できるよう地域の他の医療機関などと連携を取ることが必要です。その役割を担っているのが地域連携室です。

地域連携室の役割

このような困りごとには

  • ・治療についての心配や不安を主治医や看護師に尋ねたい。
  • ・医療費の支払いや生活費が心配。(生活保護・高額療養費・貸付制度の利用など)
  • ・障害者手帳などの利用できる制度について知りたい。
  • ・障害が残った・・・障害年金を申請したい。
  • ・仕事(新しく仕事を探す/職場復帰)についての心配
  • ・介護保険制度(使えるサービス)が知りたい。
  • ・福祉用具について
  • ・そろそろ退院と言われたけど、どこか他の病院や施設を紹介してほしい。
  • ・住宅改修が必要な場合どうしたらよいか。

療養上に発生したさまざまな問題、それ以外でもお気軽にお尋ね下さい。

ご連絡・お問い合わせ先